教会が奏でる音楽の祭典

 栄えある(?)第1回吉備チャリティーミュージックフェスティバルが教会で行われました。5組のアーティストが参加して下さり、コラボ演奏や女性デュオの熱唱など祝日にふさわしい大盛況のイベントでした。

 CDデビューもしているプロから地元で活躍しているアーティストまで、観客の層に合わせて多彩なジャンルの歌を披露して下さり、大人から子どもまで楽しめるフェスティバルになりました。写真は教会2階の大聖殿後ろにある音響ブース内のデジタルミキサーです!  多チャンネルにより微妙な音を使い分ける高性能なミキサーで、リバーブやエコーなども自在に操れ、ピアノからバンドやボーカルまでどんな音楽にも対応できる万能マシーンなのです。

 わが教会の大聖殿(礼拝堂)の壁材をご存知でしょうか? 他の部屋と違い、両脇の壁が劇場のようにジグザグに組まれています。これは献堂の時に、音が反響しやすいように設計されたもので、舞台上の照明器具も実は200パターン近いカラーの照明が実現できます。「地域に開かれた教会」の名の通り、全国の教会でも類を見ない、書写奉納式や祝福式、そして賛美礼拝や音楽イベントの際にはライブ会場に早変わりするのです‼

 弾きたい方や歌いたい方はいつでも「岡山家庭教会へどうぞ!」なのです。まさに教会が奏でる音楽の舞台がココにある、といっても過言ではないです。ただ、裏方スタッフが機材を使いこなすのが大変ですが… (^_^;)