受益者の幸せを考えたボランティア活動を

 ちょうど東日本大震災の惨劇から5年、復興への足がかりをつけ、観光や産業でも徐々に成長への動きが見え始めた矢先に、今度は熊本地方で震度7の大地震が発生しました。テレビ報道などを通じて、改めて自然災害の脅威を感じると同時に、自宅を失い、今も余震のため不安を抱え眠れない夜を過ごしている被災者の気持ちを考えると、本当に心が痛みます。

 私たちは「今自分たちができることは何か」を考え、被災者の心境に添って役に立てることはないかと思案を巡らせます。写真は、東日本大震災直後にボランティアチームを教会有志から募って宮城に派遣されたUPeace(世界平和統一家庭連合平和ボランティア隊)の活動の様子です。当時は津波で流された家屋跡の瓦礫撤去が主な仕事でした。その土砂の中から泥まみれの衣服や子どもの教科書が出土してあまりにも生々しかったので、本当に胸が痛かったです。しかし5年経っても私たち家庭連合UPeaceは宮城に派遣を続け、今でも復興支援活動をしています。当時は全国各地から多くの団体が被災地で活動に参加しましたが、「もうだいぶ東北は復旧したのではないか」と思われたのか、今も現地で活動している団体は多くありません。

 5年間変わらず定期的に行き続けた成果もあってか現地住民の方々から団体名も覚えられ、感謝の言葉をかけらることもあるそうです。またこの次は熊本や大分での被災地支援のボランティアも計画していきます。慈善活動は私たちが満足するためにやるものではありません。被災地の方が本当に何を困っているのかに耳を傾け、ボランティアセンターなどを介して私たちの力でできることを地道に手伝うことが始まりだと思います。少しでも受益者の心の支えになることができればそれでいいのです。熊本や大分の皆さんにも早く幸せになる時間が訪れますように。