みんなのこころに

 2017年6月25日の日曜日、韓国動乱から67年経ったこの日に岡山県内のホールで「世界平和祈願 幸せを呼ぶ自叙伝心の書写2017 岡山合同5000名礼拝 ピースフェスティバル」が行われ、会場を5000名の観客が埋め尽くしました。

 韓半島の南北統一や紛争地帯の平和解決を祈り、5000名が一斉に書写を捧げるシーンはまさに圧巻でした。オープニングでも中高生や壮年たちがエンターテイメントを披露。中でも岡山教区壮年部のお父さんたちが奮闘しコーラスを熱唱しました。曲目は混声2部合唱で岡山県民愛唱歌『みんなのこころに』。みんなが、いつでも、どこでも歌える歌をと1982年に制定された県民愛唱歌です。みんなのこころに生きるまち、ふるさと岡山。そんな県民の思いを岡山のお父さんたちが毎週日曜に必死に練習してきました。バスもテノールもきっちり音を揃えて本番を決めてくれました(*^▽^*)

 舞台上のスクリーンには岡山各地の名景を映した歌詞入りムービーが映し出され、会場で聴いた年配の参加者たちにも「岡山のことを歌っていてジーンときました。本当にいい歌ですね」と、感動を呼んでいました。壮年たちは閉会後も次のビッグイベントへ向けて何に挑戦しようかとすでに意欲満々の様子でした。