私たちは「結婚と家庭」というテーマに誇りを持っています

 9月7日は家庭連合の創始者である天地人真の父母・文鮮明先生が聖和(逝去)されて5周年を迎えます。この日は韓国・清心平和ワールドセンターで追慕の聖和大祝祭と世界中の善男善女が集まり天宙祝福合同結婚式を行う予定になっています。世界平和統一家庭連合と言うと???という方も、「合同結婚式をしている宗教団体」と聞けば「ああ、あそこか」とご存知の方も多いと思います。

 家庭連合ではこれまで世界中の男女約17万人のカップルを結婚に導いてきました。教会がマッチングをして男女の出会いをサポートしたり、既婚カップルが教会で再びお祝いをする儀式のことを家庭連合では『祝福結婚』と呼んでいます。この結婚には神様の永遠の愛によって結ばれた理想家庭を築くという崇高な目的があり、男女が真の夫婦として約束を結ぶ特別な意味があるのです。結婚はそれぞれ違う要素を持って生まれた男性と女性が出会い、夫婦一つになって愛情を育むことで、お互いの愛を成長させるために行う神聖なものです。それゆえに家庭連合では人生において「結婚」と「家庭」をとても重要なものだと位置づけています。9月の世界的式典を前に、岡山家庭教会でも8月20日に10組の既婚カップルが集まり祝福結婚式を挙行しました。老夫婦も妻のウェディング姿を見て感激に浸るなど、とても微笑ましい結婚式になりました。私たちは家庭を持って夫婦や父母の立場を歩むことで愛の器を広げていくのを知っています。だからこそ常に結婚と家庭というテーマに誇りを持っているのです(o^<^)o  祝福結婚の詳細については紹介サイト【幸せな結婚をあなたへ】をご覧下さい。ぜひ年齢問わず独身の皆さんも教会で理想の相手と出会ってみませんか!!