家庭青年たちの使命

 岡山家庭教会は、神様を中心とした平和で幸福な家庭づくりと地域貢献を目標として日々活動しています。世代や年齢別にコミュニティーを作っているので、組織としては壮年部、婦人部、成和青年部、成和学生(中高生)部、成和子女(小学生・幼児)部から成り立っています。そして今年から青年部を卒業して結婚入籍のため家庭出発した若年家庭のコミュニティーとして「家庭青年部」が発足しました。家庭青年というと何ができるのか未知の世界だと思いますが、ちょうど壮年・婦人と青年たちの世代の橋渡し役を担ってくれることが期待されています。

 出産を経験すればママトレ(ママさんトレーニング)のような育児の勉強会ができるし、お盆やお正月休みになれば県外から帰省してくる二世教会員たちに同窓会を開いてくれるでしょう。中高生たちには家庭教師のように勉強を教えてくれたり、青年たちに祝福結婚の経験を伝えてくれるわけです。だから壮年部にも青年部にも双方の活動に貢献できる立場にいるのです。全国の家庭教会でも続々と家庭青年部が発足しています。立ち上げたばかりなので何を目指すのかまだ彩られているわけではありません(^▽^;)   だからこそ無限の可能性を秘めたのがこの家庭青年部なのです。幼いころから二世信者として顔見知りだったメンバーもいれば、県外からお嫁入りして岡山家庭教会に合流した女性もいます。同世代の家庭青年だからこそわかり合える境遇もあるでしょう。社会へ出れば企業や官庁の中枢に入って活躍し、教会の壮年・婦人たちを刺激することもできます。若さゆえに率先して地域貢献のリーダーとして先導することもできるでしょう。何より期待に胸を膨らませる旬な『家庭青年』たちなんです。皆さんもこれから温かい目で見守り、励ましてあげて下さい。未来の教会活動を担って立つ後継の人材たちですから!