【岡山家庭教会サイト管理者ブログ】

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ

礼拝に神様を讃える歌声を!

 聖歌隊とはそもそも教会で行われる礼拝や日曜学校などで神聖な賛美歌やゴスペルソングを歌うために結成された合唱団です。欧米では昔はキリスト教会で結婚式を挙げるのが一般的で、聖歌隊の賛美歌で新郎新婦が祝福されていました。礼拝は神様を敬拝し、その栄光を讃え、神様の心情と交わる貴い時間です。教会員にとっては説教を通じて1週間の霊の糧を得る最良のセレモニーなんです。

 月末の9月30日(土)に行われる家庭連合広報文化局主催の第8回西日本聖歌隊コンクールに我が岡山家庭教会の聖歌隊スタークレインが2年ぶりに出場します。スタークレインは2011年に現在の藤田の地に教会が献堂された当初から結成された聖歌隊で、老若男女問わず壮年・婦人・青年のメンバーによって構成されており、当時から日曜日の賛美礼拝に力を入れてきました。聖歌や賛美歌を歌うのはもちろんですが、コーラスの技術向上を目指す以上に、神様への祈りやみ言葉を心情的に歌い上げ、教会を神霊に満たして復興させる使命を持っています。具体的には賛美礼拝の他にも書写フェスティバルや祝福結婚式、来賓を迎えての特別集会などで聴衆の心に感動を与えてくれているのです。スタークレインの名称は教会員からの公募で決まりました。Starが光り輝くという意味、Craneが鶴、もしくは伸びるという意味です。鶴が草原を生き生きと伸びやかに光り輝いて飛び跳ねるイメージで命名されました。実際に2013年と14年には西日本聖歌隊コンクールで見事2年連続優勝し、その存在と歌唱力を全国の聖歌隊中に示しました。礼拝は教会活動の生命であり、礼拝の柱は説教と賛美です。いつも礼拝に神様を讃える歌声が響き渡り、多くの信徒に感動を与えてくれるスタークレインを私たちは誇りに思っています。

 

私たちは「結婚と家庭」というテーマに誇りを持っています

 9月7日は家庭連合の創始者である天地人真の父母・文鮮明先生が聖和(逝去)されて5周年を迎えます。この日は韓国・清心平和ワールドセンターで追慕の聖和大祝祭と世界中の善男善女が集まり天宙祝福合同結婚式を行う予定になっています。世界平和統一家庭連合と言うと???という方も、「合同結婚式をしている宗教団体」と聞けば「ああ、あそこか」とご存知の方も多いと思います。

 家庭連合ではこれまで世界中の男女約17万人のカップルを結婚に導いてきました。教会がマッチングをして男女の出会いをサポートしたり、既婚カップルが教会で再びお祝いをする儀式のことを家庭連合では『祝福結婚』と呼んでいます。この結婚には神様の永遠の愛によって結ばれた理想家庭を築くという崇高な目的があり、男女が真の夫婦として約束を結ぶ特別な意味があるのです。結婚はそれぞれ違う要素を持って生まれた男性と女性が出会い、夫婦一つになって愛情を育むことで、お互いの愛を成長させるために行う神聖なものです。それゆえに家庭連合では人生において「結婚」と「家庭」をとても重要なものだと位置づけています。9月の世界的式典を前に、岡山家庭教会でも8月20日に10組の既婚カップルが集まり祝福結婚式を挙行しました。老夫婦も妻のウェディング姿を見て感激に浸るなど、とても微笑ましい結婚式になりました。私たちは家庭を持って夫婦や父母の立場を歩むことで愛の器を広げていくのを知っています。だからこそ常に結婚と家庭というテーマに誇りを持っているのです(o^<^)o  祝福結婚の詳細については紹介サイト【幸せな結婚をあなたへ】をご覧下さい。ぜひ年齢問わず独身の皆さんも教会で理想の相手と出会ってみませんか!!

 

暑い夏を涼しく過ごす方法

 暑い夏がやってきました。教会の中はどの部屋も冷房が効いていますが、建物の外へ出れば猛暑が続いています。先日の小学生礼拝では涼しい夏を体感しようということで玄関前の駐車場で流しそうめんを行いました。いかに快適に過ごすかとなれば教会の冷房管理も一考の余地があるでしょう。

 少人数で冷房部屋を使わず大部屋に人数を集めてから冷房を効かせる、庭に水撒きしたり駐車場に打ち水をする、窓やドアを開けて風通しを良くする、風鈴やすだれを吊るす、教会での食事はキュウリ・トマト・茄子・とうもろこしのような熱を下げる食材を使うなど、工夫次第で涼夏をもたらすことは可能になります。冷やしベルトで首や脇を冷やす、クールビズに着替えることでも解決できます。例えば宿題用に教会員の子どもたちに教会を開放してあげるとか、涼を楽しめる企画をどんどん考えていきたいものです。皆さんの家でもこの夏を乗り切る方法を編み出していろいろとチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

みんなのこころに

 2017年6月25日の日曜日、韓国動乱から67年経ったこの日に岡山県内のホールで「世界平和祈願 幸せを呼ぶ自叙伝心の書写2017 岡山合同5000名礼拝 ピースフェスティバル」が行われ、会場を5000名の観客が埋め尽くしました。

 韓半島の南北統一や紛争地帯の平和解決を祈り、5000名が一斉に書写を捧げるシーンはまさに圧巻でした。オープニングでも中高生や壮年たちがエンターテイメントを披露。中でも岡山教区壮年部のお父さんたちが奮闘しコーラスを熱唱しました。曲目は混声2部合唱で岡山県民愛唱歌『みんなのこころに』。みんなが、いつでも、どこでも歌える歌をと1982年に制定された県民愛唱歌です。みんなのこころに生きるまち、ふるさと岡山。そんな県民の思いを岡山のお父さんたちが毎週日曜に必死に練習してきました。バスもテノールもきっちり音を揃えて本番を決めてくれました(*^▽^*)

 舞台上のスクリーンには岡山各地の名景を映した歌詞入りムービーが映し出され、会場で聴いた年配の参加者たちにも「岡山のことを歌っていてジーンときました。本当にいい歌ですね」と、感動を呼んでいました。壮年たちは閉会後も次のビッグイベントへ向けて何に挑戦しようかとすでに意欲満々の様子でした。

 

祝★書写ラジオ放送開始1周年‼ リスナーの皆さんに感謝です

 昨年5月よりオンエア中の岡山家庭教会が提供するインターネットラジオ番組『晴れの国 心も晴ればれ‼ 書写ラジオ♪』が今月で放送開始1周年を迎えました! 幸せを呼ぶ心の書写の愛好家をゲストに迎え、パーソナリティー・龍崎シンイチさんが書写の魅力を聞き出す楽しい30分番組です。毎週土曜日午後2時からパソコンやスマートフォンさえあれば、世界中どこからでも聴くことができます。

 毎月スタジオで収録を進めていますが、いつも龍﨑さんの高笑いが止みません。奉還町商店街の中にスタジオがあるのですが、通行人の方々もガラス越しに楽しそうな収録の様子を覗いていきます。目指すは新婚さんいらっしゃい並みの長寿番組かな・・(^_^;) 書写と出会って日常がどう変化したのか、そして家族がどう変わったのか。文鮮明先生のみ言葉からただ文字を書き写す作業ですが、その単純な行為の中にたくさんの感動体験が詰まっているのです!(書写ラジオの聴き方はメニューより【家族書写会・晴れの国 心も晴ればれ!! 書写ラジオ♪】をご覧下さい) 毎週聴き続けて下さっているリスナーの皆さんにはただただ感謝です。土曜日は2時から書写ラジオを聴けば、幸せな気分で新しい週を迎えられる、そんな聴取習慣が根付いてくれれば嬉しいです。最高にHappyなラジオ番組を毎週楽しみにして下さい‼

 

宴の広間

 岡山家庭教会は元結婚式場を改修して献堂したので、2階の礼拝堂がすごく広いのです。祝福結婚式やファミリーフェスティバル、来賓を招いての午餐会などに適しています。もともと我が教会の礼拝堂は『大聖殿』と呼ばれています。教会の礼拝を執り行う中心部屋なので大聖殿と呼ぶのです。

 円卓テーブルを並べてカラフルなクロスを敷けばほら、パーティー会場に早変わりです! ((´o`*))/  10~25個までテーブルを揃えて豪華な食事会も開催可能なんです。特に教会の大聖殿は音響効果の高い壁材と高性能デジタルミキサーを備えた公演向きのステージを有しています。バンケットホールさながらの会場で優雅に食事を囲みながら歌や演奏ライブを楽しむことができます。ホテルを貸し切るよりも手軽にイベントができるのです。最近は特に各種イベントで午餐会や食事会を開き、地元アーティストを招いてライブを披露していただく機会が増えました。もうすっかり観客もバンケット形式に慣れてきました。まさにこの大聖殿は「宴の広間」なんですよ!! 芸術に造詣が深い皆さんはぜひ、教会の最高の舞台でライブ演奏してみませんか? お待ちしています。

 

亀の五つ子ちゃんは吉兆の現れ?

 昨年、岡山家庭教会入口の庭園に卵を産んだ亀の「マスカットちゃん」。春の暖かい気候になり土を掘り起こしてみたところ、なんと、五つ子の赤ちゃん亀が発見されましたΣ(゚Д゚)‼  最近は婦人教会員が教会に集まって丹精に1万個のふくろうの御守り「フク太郎くん」を縫い続けて活気が溢れていましたが、亀の五つ子誕生というHappyなニュースでさらに沸いています。

 ちょうど3月27日(日)の午後に自叙伝書写講師の淺川勇男先生を迎えて6月に予定している岡山5000名書写礼拝へ向けた出発決断式を敢行しました。亀の五つ子ちゃん誕生は5000名礼拝の成功へ向けた吉兆の現れでしょうか。前回のブログで書きましたがふくろうは幸運を招く鳥だと言われています。そしてご存知の通り、亀は長寿を象徴する生物です。ふくろうの御守りで沸いて、さらに亀の話題で沸くのは5000名礼拝の準備へ幸先のよいスタートを切ったということでしょう。いつも教会の中は来館者の笑顔で溢れています。そこで亀のHotな五つ子ちゃんを見かけたら心が温まりますね。春の訪れとともに岡山家庭教会にも福が来そうです v(^o^)/

 

金運のフク太郎くん

 韓国が旧正月のシーズンを迎え、新年の行事を一通り終えました。教会でも日曜礼拝の後にトックク(お餅のスープ)を振る舞い、来館した教会員たちの心とお腹を温めてくれました。今年は酉年ですね。鳥と言えば幸運の象徴、知恵の神とも森の護り神とも呼ばれる「フクロウ」の御守りを教会で縫製しています。

 フクロウは福が来るとか、不苦労(苦労知らず)という意味もあり縁起物の鳥です。首がクルクルと回ることから、借金で首が回らなくなることを防ぐ「金運が上昇する」象徴としてありがたられています(*^o^*)   岡山家庭教会では地域貢献し地元に開かれた教会づくりを目指して1万人の書写礼拝を計画しています。そこで1万人の賛同者づくりを合言葉に、来館者1万人にフクロウの御守りをプレゼントしようというプロジェクトが始動しました。奉仕スタッフが教会に集って日々金色の布地や紐ストラップを縫い合わせて御守りを作成しています。

 もらった人も喜んでくれるようなカワイイ御守りの名前は『金運のフク太郎くん』です。アクセサリーとして携帯すれば金運もアップするかも?? ボランティアのスタッフが丹精を込めてフク太郎くんを毎日1万個目指して縫い続けています。いただいた方はぜひフク太郎を愛してあげて下さいね!

Welcome to the 家族集会

 2017年 明けましておめでとうございますヽ(^o^)丿  このブログもなんと18回目の更新になりましたッ!  教会のホットな話題を毎月面白く書けたらなーと考えていますが、愛読されている皆さんのおかげで成り立っていますのでいつも感謝です。1月18日の水曜日に家庭連合本部より阿部美樹先生を教会に迎えて「コミュニケーション講座」の研修を受けました。コーチングやカウンセリングのスキルを高めるための講座で、教会の外で行われている『家族集会』のレベルアップをしていく目的で開催されました。

 相手の話に頷く、オウム返しで答える、意見を評価してあげるなど、集会の充実のためにあらゆる角度から見直すことって色々ありますよね。互いの日常に関心を持ってあげ、みんなで心配してあげ、そしてサポートする。そんな心の拠り所になるような集会が広がればいいと思っています。教会は遠くてなかなかいけないけど、家族集会なら毎週参加したいわ!という方が増えてくれたら嬉しいです。集会のプログラムは地域ごとに自由です。み言葉の訓読、ディスカッション、映像視聴、茶話会や食事会など何をやってもいいのです。そこで家庭同士のコミュニティができて何でも相談し合える関係が築けたら最高じゃないでしょうか。そんな癒しとおもてなしに溢れた家族集会へ気軽にお越し下さい。毎週曜日や家庭拠点を決めて行っていますので、皆さんのご参加を心からお待ちしています<(_ _)>

1万人の会場が満員になる日も

 ドローンから空撮した写真ではありません(^_^;)  去る12月18日、岡山県内の会場で盛大に岡山教区挙げて3000名のクリスマス書写礼拝を敢行しました。写真は最上部の作業用通路から撮った圧巻の3000名一斉書写実践のもの。教会員だけでなく、書写会員やその知人や親戚など多くの仲間たちが会場を埋め尽くしました。

 岡山で悲願だった3000人の礼拝を達成し、2017年は5000人の礼拝を計画しています。今回の3000名礼拝は太鼓集団やアーティスト、そして教会聖歌隊など選りすぐりのエンターテイメントで会場を盛り上げました。別室に家族連れのためのキッズルームを準備し、そこでも子どもたちを飽きさせない色々なアトラクションが展開されました。メインスピーチは家庭連合より徳野英治会長が来場され、3000人の聴衆を前に熱く「人生の根幹は家族を大切にするかで幸せ・不幸が決まってしまいます!」と力説されました。

 書写に賛同する、もしくはそれに誘われ関心を持った人など、年ごとに1500人、3000人、5000人と増やして、いずれは1万人の会場を満員にして礼拝を開きたいと考えています。こういった礼拝の場で家庭連合の素晴らしさを知ってもらいたいのです。個人主義が横行した近代文明の弊害から、今こそ家族主義への回帰を謳う家庭連合です。書写礼拝を通じて家族の絆がどれほど重要かを知っていただき、三世代で楽しめるファミリーイベントに多くの県民が参加することを願っています。収容人数を考えると、1万人は野外会場でも面白いかも! 夢は膨らむばかりです((´o`*))/

さながらフォトスタジオです

 祝福式での夫婦写真、七五三の家族写真、成人祝いの晴れ姿.etc といつも岡山家庭教会ではセミプロ?とも言える壮年カメラマンが大活躍してくれます。写真スタジオに行かなくても、教会2階ロビーの壁画前は赤カーペットと三脚を立てれば即席スタジオに早変わり! 貴重なお祝いごとでの本格的な撮影は教会員たちに大変好評なんです(´∀`艸)♡

 写真歴50年以上の腕前で我が教会ホームページのトップページにも撮影した岡山の風景写真を掲載して下さっています。機材も自前で揃えてどんな要望にも応えて撮っていただけるので、まさに頼れる職人の技なんです。県下の各種写真コンクールにも随時入賞されるそうで、もうこれは「趣味」の域を超えて、専門家そのもの。モデル志望者がいればいつでも撮影に応じて下さいます。普段の装い以上に美しく、時にはカッコよく綺麗に撮って下さいます。教会も大きなイベントの時は2階の一画がさながらフォトスタジオに化けるのです。こんな素敵な空間をあなたもぜひ楽しんでみませんか? 岡山家庭教会は夢が飛び出すアミューズメントパークにもなるんですよ! 思い出の1枚をカメラマンに頼んでみませんか。

韓国婦人たちの熱い街頭演説

 毎週1日程度ではありますが、教会の韓国婦人メンバーが岡山駅運動公園口付近で街頭演説と伝道を開始しました。全員がピンクのお揃いのユニフォームを着て、ロータリーの麓に「人類一家族世界をつくる平和の思想・統一原理」と書かれたのぼりを立て、肩から「祝福結婚は人類の希望」という襷を掛け拡声器を使って熱心に演説しています。時には文鮮明先生の自叙伝『平和を愛する世界人として』を交代で訓読し、道行く人に「人生は統一原理で解決できないことは何一つありません! あなたも統一原理を学んでみませんか?」と声をかけています。

 韓国婦人という括りで呼ぶのも違和感を感じるほど、日本にお嫁入りして20年以上経つ立派な教会員のメンバーです。家庭連合の国際祝福合同結婚式で日本の男性と韓国の女性がマッチングされ、旦那さんの故郷に嫁いで20年経ったのです。異国の地で苦労も多かったでしょうけど、今は誰よりも日本に溶け込み、そして日本人以上に岡山の地を愛しています。そして家庭連合と真のご父母様(文鮮明先生ご夫妻)の素晴らしさをみんなに伝えたい! そんな情熱に溢れた演説が毎週駅前から聞こえてきます。関心を持った通行人の方々がたくさん耳を傾け、来館しています。韓国人はどの国よりも心情が熱く、美意識も高く、せっかち(急げ、急げ!)な民族とも言われますが(^^ゞ  私たち日本人が伝道するよりもパワフルに話かけ、多くの人に共感を与えるのが上手です。ぜひ皆さんも岡山駅前でピンクのユニフォームの女性たちを見かけたら興味を持って聞いてみて下さい!!