自叙伝 心の書写奉納式

 毎月 岡山家庭教会にて、皆さんが1か月書いた書写用紙を天の前に奉納し、新しい月のみ言葉を伝授される”自叙伝心の書写奉納式”が開催されております。いつも式のオープニングでは地元アーティストによるエンターテイメントが好評です。み言葉を解説する書写講演もあります。お気軽にご参加ください。

(日程につきましては、下記をご確認ください)

次回書写奉納式 予定

 12月度 幸せを呼ぶ自叙伝心の書写奉納式 講演:自叙伝書写講師・淺川勇男先生

 12月16日(日)10時より 会場:岡山家庭教会 2階大聖殿


書写奉納式の流れ

①オープニングは毎回アーティストを招待してエンターテイメントを準備しています。バンドやコーラス、楽器演奏や演劇、ダンスユニットによるパフォーマンスなど趣向を凝らしたエンタメが会場を賑わせてくれます。

②文鮮明先生自叙伝『平和を愛する世界人として』の紹介映像を視聴した後、書写会員からの報告の時間になります。「私は書写を始めてから○○なことが起こりました~」など、純粋な書写の証しが感動を呼びます。

③新しく伝授される翌月のみ言葉をテーマに書写講演が始まります。全国各地で講演される淺川勇男先生を招請して、書写による愛天愛人愛国生活の講話を語っていただいています。淺川先生の講話はわかりやすく楽しく、参加者の心を癒し、元気づけてくれます。

④講演に続いて、書写奉納と伝授式に入ります。1か月真心を込めて書いた書写用紙を参加者が奉納し、翌月の新しい用紙が伝授されます。

⑤最後は書写実践です。全員で瞑想して心を落ち着かせ、新しくいただいたみ言葉を1文字1文字、真心を込めて書写します。

⑥みんなの心が一つになって新しい月をスタートできます。


※なお書写奉納式に参加できない方のために、教会2階書写堂で個別でも奉納式を行っています。